NEWS & 主張

あま市の実践事例報告
「人権週間」記念集会で

「解放新聞」(2015.05.04-2713)
 【愛知支局】世界人権宣言愛知県実行委員会が12月11日、名古屋市中区役所ホールで2014年「人権週間」記念集会をひらき、「人権教育を柱としたESDの取り組み」と題して、あま市の実践事例を報告した。ESD(持続可能な社会の担い手を育む教育)活動は、ユネスコが中心となって普及と促進をはかってきているもの。
  集会では、松永裕和・あま市教育委員会教育長が「あま市の人権教育の歩みとESDの取り組み」、栗本一郎・あま市立甚目寺小学校校長が「同小学校での人権教育・ESDの取り組みの概要」、伊藤正志・同校教務主任が「実践事例」、五十嵐雅裕・同校校務主任(ESDユネスコスクール担当)が「ESDあいち・なごや子ども会議」に参加したようすを、最後に湯澤裕幸・あま市教育委員会教育部次長が「あま市におけるESDに基づく人権教育のあり方」について報告した。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1−37  пi06)6581−8516 fax (06)6581−8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)