pagetop
NEWS & 主張
戦争法案に反対
5・12集会に2800人
「解放新聞」(2015.06.01-2717)
流れを変えるのはいま
  5月12日夜、「許すな!戦争法案~戦争させない・9条壊すな!5・12集会」が東京・日比谷野外音楽堂でひらかれ、2800人が参加、部落解放同盟も東京都連を中心に関東から参加した。主催は、「戦争をさせない1000人委員会」、「解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会」など3つの市民団体で構成する「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」。
  主催者を代表して「1000人委員会」よびかけ人の鎌田慧さんがあいさつで「安倍政権は「戦争」を「平和」という嘘つき政権だ」と批判し、「アメリカの子分になって愚かな戦争を二度としないよう最後までがんばり抜こう」とよびかけた。
  民主党、社民党、生活の党と山本太郎となかまたち、沖縄社会大衆党の国会議員が戦争法案を許さない決意を表明。暉峻淑子・埼玉大学名誉教授、山岸良太・日弁連憲法問題対策本部長代行、清水雅彦・日本体育大学教授が連帯あいさつをおこなった。
  暉峻さんは、いまは戦前の雰囲気と似ていると語り「戦争がはじまり戦死者がでると空気は一変し、戦争に反対しにくくなる。間違った流れを変えるのはいましかない」とよびかけた。山岸さんは、「戦争は最大の人権侵害だ」と強調した。
  参加者は、雨のなかを銀座方面にデモ行進をおこない戦争法案反対を訴えた。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)