pagetop
NEWS & 主張

不登校支援のDVD
高知の小学校が製作

「解放新聞」(2015.06.01-2717)
 【高知支局】高知市の朝倉第二小学校(吉岡省次・校長)が不登校支援の歴史をまとめた人権教育教材DVD「きょうも机にあの子がいない~証言 長期欠席・不登校を乗り越えて~」(30分)を制作した。
  長期欠席・不就学対策から、1950年に全国で初めて配属された高知県の福祉教員の苦闘の歴史から生まれた言葉。それが「きょうも机にあの子がいない」だった。とくに被差別部落の子どもたちは、一家を支え、県内でも2000人の小中学生が働き、部落問題の大きな教育課題だった。
  今日でも長期欠席・不登校の問題は最優先課題となっているため、同校では、「自分にあった学習の方法がある。人生をあきらめずに努力を続けることで、必ず自分の未来はひらける」というメッセージを届けるためにDVDを制作した。
  このなかには、長期欠席・不登校の体験者や家族の証言があり、貴重な思いを記録している。
  「教員が大量退職をし、若い教員が多く採用されるいまだからこそ福祉教員の実践から学びたい」と吉岡校長が企画。弘瀬利英・教諭とともに3月末までに150校を制作して市内の学校などに配布している。問い合わせ先=TEL088・844・2225 同校

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)