pagetop
NEWS & 主張
男性の働き方を変えて
社会から雇用差別をなくそう
「解放新聞」(2015.08.24-2727)
第16回就職差別撤廃東京集会
  【東京支局】就職差別撤廃東京集会実行委員会は6月3日、第16回就職差別撤廃東京集会を台東区・浅草公会堂でひらき、600人が参加した。
  集会では主催者あいさつと基調報告を炭谷茂・実行委員長(済生会理事長)、来賓あいさつを村松明典・東京都産業労働局総務部長、記念講演を「男女雇用機会均等法の30年-雇用における性差別を考える」をテーマに浅倉むつ子・早稲田大学大学院法務研究科教授がおこなった。
  また、報告1「新規学校卒業者を取り巻く採用・選考の課題」を赤尾浪広・東京労働局職業安定部職業対策課長補佐、報告2「高校生の進路保障の現状と課題」を東京都同和教育研究協議会の桐畑善次さんがおこなった。
  参加者のアンケートでは4つの講演と報告はいずれも好評だった。とくに浅倉さんの講演は判例などわかりやすく話され、性差別の実態がよくわかったという感想も聞かれた。浅倉さんは「男性の働き方を変えなければ女性の活躍できる社会にならない。大きな展望をもって社会から雇用差別をなくそう」とよびかけた。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)