pagetop
NEWS & 主張
県内で議会決議広がる
ヘイト対策を求めて
「解放新聞」(2015.09.21-2731)
 【高知支局】全国で190の地方議会(8月5日現在)が、「ヘイトスピーチ対策を求める意見書」を採択している。
  高知県内でも2014年12月の土佐清水市議会での「人種差別・民族差別を煽るヘイトスピーチを禁止し処罰する法律の制定を求める意見書」の採択を皮切りに、県議会が2015年3月19日、高知市議会でも3月24日に「ヘイトスピーチ対策について法整備を含む強化策を求める意見書」を全会一致で可決している。
  その後、四万十町(6月18日)、南国市(6月25日)、須崎市(6月25日)、宿毛市(7月1日)、室戸市(7月2日)、香美市(7月3日)の各議会で可決し、県議会とあわせて9議会となった。
  さらに、各市町村議会での意見書採択がすすむものと思われる。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)