NEWS & 主張
差別に「配慮」と
公文書館が展示めぐり
「解放新聞」(2015.11.09-2738)
 【東京支局】独立行政法人・国立公文書館が2014年11月22日〜12月14日に「特別展 江戸時代の罪と罰」をおこなったさい、「鼠小僧次郎吉が忍び込んだ屋敷」などを示すため、なんらの配慮もなく「穢多村」表記のある分間江戸大絵図(天保10年)を展示していた。また、有料で配布していた来館者用のパンフレットでも、「穢多」「非人」にかんする記述の仕方で差別が拡大される恐れが懸念されるものだった。
  この問題で、中央本部と都連は1月28日、国立公文書館側に話しあいを申しいれ、2月4日に第1回目の話しあいをもった。
  あらためて展示やパンフレットの記載については、差別が現存する社会状況のもとで、なんらかの配慮をおこない、差別が拡大されないような展示の仕方や記載の方法が必要であることを訴えた。
  話しあいをふまえ、国立公文書館が回答をよせたことから、8月25日に2回目の話しあいをおこなった。
  国立公文書館側は、@「穢多村」表記のある古地図の展示について、当該地区に現在も居住する人びとへの配慮が十分でないとの指摘を受け、地図資料の展示についてはより細やかな配慮が必要であると実感した。
  A展示資料のパンフレットの執筆にあたっては、入念な調査と十分な説明が不可欠であることをあらためて感じさせられた。
  B今後については、差別の現実をふまえて、十分な配慮をもってとりくんでいく。職員には周知するとともに、フィールドワークを実施して認識を深める、と見解をしめした。
  これで今回の件について話しあいは終了した。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1−37  пi06)6581−8516 fax (06)6581−8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)