pagetop
NEWS & 主張
ヘイトスピーチをなくせ
京都府内の全議会で意見書採択
「解放新聞」(2015.12.07-2741)
 【京都支局】「ヘイトスピーチ対策を求める意見書」を、全国で223の地方議会(10月26日現在)が採択した。内訳は、都道府県議会が20、市町村議会が202となっている。
  しかし、ヘイトスピーチ街宣は、いまなお続いている。京都府内でも、10月中旬以降に限っても京都市内で3回ヘイト街宣やヘイトデモがおこなわれ、差別をまき散らしている。
  そうした状況下で、政府に法規制などを求める議会での意見書採択のとりくみを続け、10月13日の南丹市議会での議決で、府議会をふくむ府内全27市町村議会での採択をかちとった。そのうち法規制を求めた意見書は5議会、法整備を求めたものは14議会と、7割の議会が法律の制定を政府に求めている。
  府連は、府内全議会での議決をめざし、5月には京都府市長会、京都府町村長会、京都府市議会議長会、京都府町村議長会に文書で要請。また、人権政策確立要求京都府実行委員会も赤松徹眞会長名で5月末に各地区実行委員会の会長にとりくみを要請した。その後も、各地で議員への要請を重ね、6月議会では一気に13の市町議会が議決、つづ く9月議会をへて、今回の府内全議会での採択となった。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)