NEWS & 主張
解放奨学金裁判
免除判決も証拠提出
第9回口頭弁論
「解放新聞」(2016.01.11-2746)
 【大阪支局】解放奨学金を利用した奨学生に大阪市が一方的に返還を求めたことにたいし、奨学生が提訴した奨学金裁判の第9回口頭弁論が11月6日、大阪地裁でひらかれ、多くの支援者がかけつけた。
  裁判後にひらかれた報告集会では竹下政行・弁護士が裁判の進行状態を報告した。京都府では「奨学金の返還を求めないのはおかしい」と主張した市民の提訴をうけ「解放奨学金の返還は免除される」とした判決事例を証拠として提出したことも報告された。当事者からは「今後も力をおかしいただきたい」と支援をよびかけた。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1−37  пi06)6581−8516 fax (06)6581−8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)