NEWS & 主張
熊本地震の支援カンパを
救援本部を設置
「解放新聞」(2016.04.25-2760)
 4月14日に熊本県、16日に大分県をそれぞれ震度7、震度6弱の大地震が襲い、被害が拡大している。中央本部は支援カンパ、都府県連・支部の積極的なとりくみをよぴかけている。
  中央本部は、熊本地震救援本部(仮称)を福岡県連(福岡市博多区千代1−29ー12 福岡県部落解放センター内)に設置。被災地支援で当面は、@飲料水、食料品(インスタント、レトルト食品など)A衣料品、生活必需品全般といった物資を送る。また、現地ボランティアは現地からの要望をうけて調整し派遣する。
  死者44人、行方不明者11人、両県での避難者は最大時19万6000人にのぼった。現地からは、避難所で水や食料品が不足し、十分にゆきわたっていない現状が伝えられている。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1−37  пi06)6581−8516 fax (06)6581−8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)