pagetop
NEWS & 主張
熊本に支援物資
兵庫県連が第1次現地行動
「解放新聞」(2016.06.20-2767)
 【兵庫支局】県連は4月19日から3日間、「熊本震災救援第1次現地行動」にとりくんだ。
  県連役員や支部長などで構成した隊員5人は19日、県連、志方支部、伊丹支部などから集められた救援物資をトラックとハイエースに積載し、陸路をつかい熊本へ向け出発。翌日早朝、旭志支部にある大迫集会所(菊池市)に到着、熊本県連の松永末廣・委員長や地元住民とともに物資を下ろす作業に汗をかいた。
  その後、平田支部(益城町)に支援物資を運んだが、道路には亀裂や段差が所どころにみられた。最後に馬水支部(益城町)に支援物資を届け、支部の協力も得て被災の状況を確認した。馬水を案内してもらっているとき「大丈夫か?」「無事でよかった」など住民同士で声をかけあう場面が見られ、人の温かみを感じられた。話を聞くと、地区内はプレートの真上にあるらしく、塀が崩れ、倒壊した住居が多くあった。避難者は「1度目の地震ではなんとか倒壊をまぬがれた建物もあったが、2度目の地震で倒壊したところがある。建物に生き埋めになった方もいた。声が聞こえたので、瓦をはがし屋根に穴をあけて救出した」と語った。今回、2つの避難所で話を聞いたが、自宅が無事であっても、あいつぐ余震での倒壊をおそれて、避難生活を続けている住民が少なくない現状もみえてきた。
  県連はこのあとも共闘する仲間たちと2度にわたり、現地でのボランティアにとりくんだ。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)