NEWS & 主張
経産省が奈良で視察
部落産業の存続訴え
「解放新聞」(2016.10.17-2783)

 【奈良支局】年内大筋合意目標に交渉がすすむ欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)にかかわり、経済産業省の製造産業局生活製品課の杉山真・課長と柴冨田史和・事務官が8月24、25日に県内の部落の伝統的地場産業を視察。企業連との意見交換会ももった。
  視察では、日欧EPA妥結で大きな影響を受けると考えられるスキー靴製造企業3社、サンダル製造企業1社を訪問。スキー靴業者からは「ヨーロッパ製品が最大の脅威。関税が撒廃されれば存続は厳しい」と現行関税維持が訴えられた。意見交換会では杉山課長がTPP発効への動きと並行した日欧EPA大筋合意へ向けた動きがあるだろうとの認識を示し、「私としては従前どおり皮革産業の利益を守る姿勢。自由化ありきの交渉は肯定できない」と語った。これに、企業連の竹中洋幸・理事長は関税の段階的削減もふくめ、産業の存続へ再度要請した。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1−37  пi06)6581−8516 fax (06)6581−8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)