pagetop
NEWS & 主張
戦地へ行かせないと声あげ
国会前総がかり行動に6000人
「解放新聞」(2016.11.07-2785)
 「戦争法」に関連した自衛隊への「駆け付け警護」任務の付与、戦地南スーダンへの派兵の動きをくい止めようと「戦争法」強行から1年1か月目の10月19日夜、東京・衆議院第2議員会館前を中心に「安倍政権の暴走止めよう!自衛隊は戦地に行くな!10・19国会議員会館前行動」に集結した6000人が、「戦争法」廃止、政権をうち倒そうと声をあげた。主催は「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」。行動では民進、社民、沖縄の風(会派)、共産の国会議員が決意表明。雇用共同アクション、日弁連憲法対策本部、TPP阻止国民会議、沖縄一坪反戦地主会関東ブロック、日本国際ボランティアセンターが、派兵阻止の闘いとあわせ高江へリパッド建設、沖縄差別、労働法制改悪、TPPの課題を訴えた。主催3団体の「戦争をさせない1000人委員会」の内田雅敏さん、「解釈で憲法9条壊すな!実行委員会」の高田健さん、「戦争する国づくりストップ!憲法を守り・いかす共同センター」の船尾遼さんが「野党と市民との結束、共闘をよびかけた。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)