pagetop
NEWS & 主張
ビラ配布やりぬく
大分の高校・中学生友の会
「解放新聞」(2016.11.21-2787)
 【大分支局】部落解放高校生・中学生友の会は、10月23日午前中、大分市ホルトホール内の「ヒューレ大分」で第2回拡大会議をひらいた。そのなかで、第38回大分県高校生・中学生交流集会のふり返りや第48回部落解放全国高校生集会について報告をした。
  その後、狭山第3次再審闘争の現状について、パワーポイントを活用して学習した。このなかでは、石川さんがなぜ、「ウソの自白をしてしまったのか」や「脅迫状の字と石川さんの上申書の字の違い」について再確認した。また、証拠リストは開示されたが、肝心な証拠品の開示と事実調べがされていないため、公正な裁判をやり直すために高裁や高検に要請ハガキを送ることを確認した。
  午後からは大分市のトキハ前で、部落解放高校生・中学生友の会のメンバー8人が、同盟員、部落解放共闘大分県民会議のみなさんと街頭宣伝し、用意したビラ500校を配布した。
  この活動中、ビラを積極的にもらいに来て「昔、住井すゑさんの「『橋のない川』を読んだし、映画も見た。まだこんなことがあるんですね」と関心をもった人もいた。10数年前に部落解放友の会メンバーとしてビラ配布した人が、「私、誰かわかる。がんばって」と声かけしてくれ、昔を懐かしんだりもした。
  この活動の最後に記念写真を撮り、今後も狭山の節目にはビラ配布活動をしていく決意をした。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)