NEWS & 主張
課題の解決へ表明
網の目行動で浜田知事が
「解放新聞」(2016.12.05-2789)
 【香川支局】部落解放・人権政策確立要求2016年度県内「網の目」行動で、10月16日、高松市・ルポール讃岐で県との意見交換会をおこなった。
  和泉義博・隊長(県連執行委員長)があいさつ。このなかで「1月には、部落解放・人権政策確立要求県実行委員会から、浜田恵造・知事にたいして人権政策に関する提言をおこなった。この提言の中身をスピード感をもって施策に反映してもらいたい」と求めた。
  浜田知事は、差別事件の傾向にふれ「このような行為は、人びとに不安感や嫌悪感を与えるだけでなく差別を助長・拡散することにつながり、これまでおこなってきたさまざまなとりくみの成果を損なうものであり、大変遺憾である」と強調し、「課題の解決に向けたとりくみをいっそう徹底していく」と表明。あわせて「国にたいして、人権侵害被害者を救済するための実効性のある法律の早期制定に向け強く要望していく」とあいさつでのべた。
  意見交換では、県連の要求項目にたいする県の回答にそって、各隊員から指摘や提起をおこなった。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1−37  пi06)6581−8516 fax (06)6581−8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)