pagetop
NEWS & 主張
寒風のなか総がかり
「戦争法」発動止めようと
「解放新聞」(2017.01.30-2796)
 「安倍政権の暴走止めよう! 自衛隊は南スーダンからただちに撤退を!」と訴え、寒風の吹く1月19日夜、今年最初の国会周辺での総がかり行動に3000人が参加した。「戦争法の発動止めよう」「南スーダン派兵反対」「戦争する国絶対反対」など力強いコールを響かせ、今年の闘いを誓い合った。
  主催者あいさつで、憲法共同センターの小田川義和さんは、「戦争法を廃止する政治」「格差と貧困の是正」など個人が大切にされる政治への転換を求め、「安倍政権打倒の声をあげる場」として19日行動をねばり強く続け、声を大きくするとりくみを、と訴えた。
  沖縄の基地建設反対の闘いで事実とかけ離れた内容を放送した「TOKYO MX」のテレビ番組「ニュース女子」問題や安保法制違憲訴訟などが報告され、総がかり行動実行委の高田健・共同代表が行動提起。「世論をもりあげ、衆院選で勝利を」と訴えた。
  国会議員は、沖縄の風、民進党、社民党、共産党からあいさつ。「共謀罪法案」提出を阻止し、安倍政権の退陣へ野党がしっかり共闘しよう、と決意表明した。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)