pagetop

NEWS & 主張

東部地協女性部解放学校ひらく〜文学賞入選者が朗読

「解放新聞」(2017.07.10-2818)

 【広島支局】 東部地協女性部解放学校が4月23日、福山市人権交流センターでひらかれ、昨年の第42回部落解放文学賞に入選した同女性部の2人から思いを聞いた。

 これまでも入選経験があり、識字部門で「虐待」が入選した神田千代子さん。神田さんが「虐待」を朗読し、多感なころの神田さんの息づかいが伝わる作品に参加者は耳を傾けた。

 小説部門で「解帆」が入選した阿部香織さんは、自身の体験をベースにした小説を執筆。全国女性集会への参加が作品を書くきっかけになったことや、幼いころの部落問題との出会い、結婚差別のなかで強い意思を貫いた夫への思いなどを話した。阿部さんは「わが子の結婚を心から祝福できない差別する側もしんどい。部落問題の正しい認識こそ、自分も差別されるのではという恐怖から解放する」と話した。

 戸田千秋・部長は「作品の朗読や執筆にいたる思いなどを聞いて、みなさんも応募してみようという気持ちになったのでは。これからも運動の原点である識字運動に学んでいこう」とまとめた。 

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)