pagetop

NEWS & 主張

市民の力で再設置へ~天理・柳本飛行場跡説明板

「解放新聞」(2017.09.04-2825)

 【奈良支局】 1995年いらい、20年以上にわたり県内外の多くの人びとに戦争の実相、強制連行、強制労働、日本軍「慰安婦」・「慰安所」の存在や実態を伝えるとともに、学校での平和学習に活用されてきた天理・柳本飛行場跡説明板が2014年4月18日、天理市によって突然に撤去されたことを受け、これまで再設置を求めるとりくみをしてきた市民がこのほど「ソサン市民とつながる天理市民の会」を発足させた。

 韓国のソサン市は1991年、天理市と姉妹都市提携を結び、説明板撤去にたいしてはソサン市民からも抗議書と1万筆をこえる再設置要望書が天理市長あてに提出されている。また、ソサン市に「天理飛行場跡説明板再設置を推進するソサン市民の会」が結成されており、天理市民のあいだからも「市民レベルでのつながりを」「交流を」との声があがり、結成にいたった。

 6月27日、天理市・かがやきプラザでひらかれた発足集会には、趣旨に賛同する市民など21人が参加。活動方針として、

  • 説明板再設置に向けて行動する
  • ソサン市のこと、天理市とのつながりを勉強する
  • 柳本飛行場跡のフィールドワーク・勉強会をおこなう
  • 天理市民のソサン市訪問、ソサン市民の天理市への受け入れをおこなう
  • これまで活動している「天理・柳本飛行場跡の説明板撤去について考える会」との合同会議をひらき、ともに「天理・柳本飛行場跡の説明板日韓同時設置プロジェクト」(市民の力で天理市とソサン市に説明板を同時設置する計画)をおこなう

などの提案を了承。会長には堀田信也さんを選んだ。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)