pagetop

NEWS & 主張

学ぶ権利を~無償化求め集会
朝鮮学校

「解放新聞」(2017.11.13-2834)

 朝鮮学校にかよう子どもたちの権利を守り、真の多文化共生社会の実現を求め、10月25日夜、強い雨がふるなか、「朝鮮学校の子どもたちに学ぶ権利を!全国集会」が代々木公園イベント広場野外ステージでひらかれ、1000人以上が集まった。主催は「朝鮮学校の子どもたちに学ぶ権利を!全国集会」実行委員会。

 主催者あいさつで、藤本泰成・平和フォーラム共同代表は、日本書紀などに記されている、古くからの日本と韓国との深い関係性と、その交流のなかでさまざまな文化や技術が伝えられた。それが日本の伝統文化と日本人が育んできた社会のなかにはたくさんあると紹介。一方で、高校無償化制度に関して、文科省省令を改悪してまで朝鮮学校を対象から外した安倍首相と下村元文科大臣を厳しく批判、すべての子どもたちに、朝鮮高校の子どもたちに無償化適用をと訴えた。

 ほかに慎吉雄・全国朝鮮高級学校校長会会長、韓国からソン・ミヒ・ウリハッキョと子どもたちを守る市民の会共同代表が登壇し、マイクを握った。

 リレートークでは、朝鮮高校無償化裁判弁護団をはじめ、当事者団体や支援団体がつぎつぎと登壇し、教育に政治、外交上の問題をもち込む政権の姿勢をそのままに不当判決を出した司法を批判するなど、朝鮮学校の即時無償化を力強く訴えた。

 「高校無償化」法の趣旨に反した不当判決に抗議し、各地の朝鮮学校への無償化適用、卒業生たちへの就学支援金相当額の支給、補助金の再開などを求める集会アピールを採択した。

 集会後には雨もあがり、渋谷のメインストリートを「無償化制度の即時適用を」「差別のない平等な社会をつくろう」などの声をあげデモ行進した。


 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)