pagetop

NEWS & 主張

第2次の陳述書提出〜むきだしの差別意識を指摘
復刻版出版事件・第8回口頭弁論

「解放新聞」(2018.03.26-2852)

 「全国部落調査」復刻版出版事件裁判の第8回口頭弁論が3月12日午後、東京地裁でひらかれ、150人が集まった。原告の第2次の陳述書17通を提出し、原告らの証人尋問を請求。また、前回の被告Mらの「準備書面(5)」にたいし、Mらのむきだしの差別意識や、ツイッター投稿を削除する証拠隠し、などを指摘する準備書面7を提出した。

 準備書面7では、復刻版のデータなどを載せたウェブサイトのMの責任については、すでに不動産仮差押に関する保全抗告審(東京高裁)で認められて確定しているにもかかわらず、Mが本審でも、ほぼ同一の主張で責任を否認していることを指摘。2016年3月28日のツイッター投稿で「突然ですが、同和地区Wiki管理人を辞めます」としていたMが、いつのまにか投稿を削除し、管理者ではなかったと主張している悪質さも指摘した。

 また、結婚をめぐる部落出身者のカミングアウトについて「自分から「被差別部落出身」と言えば「面倒くさいやつ」「頭がおかしいのではないか」と思われても当然」としたMらのむきだしの差別心を指摘。黙っていない被差別者の排除を当然として、沈黙を強いる典型的な差別と指摘した。

 報告集会を弁護士会館でひらき、現状を共有。フリージャーナリストの李信恵さんが連帯あいさつした。

 被告Mは、今回も差別意識があらわな準備書面を提出し口頭で説明した。

 次回は、5月28日に非公開の弁論準備の予定。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)