pagetop

NEWS & 主張

兵庫集会の成功を〜全高・全青へ運動部長会議

「解放新聞」(2018.04.02-2853)

 兵庫でひらく部落解放第50回全国高校生集会・第62回全国青年集会の成功に向けて、第75期第1回全国青年運動部長会議を3月10日、大阪・HRCビルでひらき、12府県連23人が参加した。会議では、全国大会で確認された運動方針・課題別方針(青年運動部関係)について報告し、全高・全青の集会日程や分科会の担当について協議、また、各地の活動や直面している課題について報告した。

 開催地の兵庫の青年からは、昨年11月に実施した沖縄平和学習の報告会や、全高・全青に向けて実行委員会を立ちあげ、定期的なオルグ活動を通じて組織強化と人材確保をしていることが報告された。

 各地の青年からは▽各地の青年とのつながりに重きをおき、反戦・平和の集会に積極的に参加している▽子ども会集会をひらいた、実行委員会に解放高校生も参加しているが、なかなか青年部まではつながらない▽仕事を求めて都市部へと出ていくため、青年が少なく活動できない、SNSの活用を早急に▽青年同士の交流はあるが、県連青年部を再建できず休止状態が続いている、などの報告や厳しい現実が語られた。

 安田中央青年運動部長は「全国大会でもつぎの世代の青年の活躍と活性化を望む声が大きく出ていた。青年の掘りおこしもふくめてとりくみ、兵庫での全高・全青を成功させたい」とよびかけた。また、今年は「世界人権宣言」70年、日本政府は「人種差別撤廃条約」の「世系」に部落問題は入らないとしているが、部落問題が入ることを運動をとおして明確にするとりくみをしよう、と訴えた。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)