pagetop

NEWS & 主張

安倍政権の退陣求め〜国会正門前に8500人

「解放新聞」(2018.08.06-2870)

 「戦争法」強行採決の15年9月19日から毎月の「19日行動」。通常国会が閉会するまぎわの7月の行動は、夜の国会議事堂の正門前でひらき、8500人が結集、部落解放同盟も東京都連を中心に参加した。

 西日本豪雨被災地によりそわず、「カジノ法案」を強行採決する安倍政権への怒りもあらわに憲法共同センターの加藤健次さんが主催者あいさつ。「森友・加計疑惑、文書改ざん、自衛隊日報隠蔽など、安倍政権の疑惑と腐敗はまったく解決していない。ウソと情報隠蔽と数を頼んだひらきなおりでしかもたない政権だ」と指摘し、憲法9条の意義と、安倍9条改憲ノーの3000万人署名の進捗を報告。「今国会で考え、感じた怒りを各地に持ち帰り、広げ、3000万人署名の目標達成と、多くの人に安倍政権を一緒に倒そうとよびかけよう。この秋、安倍政権を一刻も早く退陣させるため、各持ち場、各地域で奮闘しよう」と訴えた。

 主催は「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」。野党の国会議員6人のほか、沖縄平和運動センターの山城博治さんら市民が発言。9条壊すな!実行委員会の高田健さんが行動提起した。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)