pagetop

NEWS & 主張

2市町がモニタリング実施へ〜埼玉県連が市町村交渉
埼玉

「解放新聞」(2018.09.17-2875)

 【埼玉支局】 「人権のまちづくり」に向けた2018年度市町村交渉が7月30日、熊谷市大里コミュニティセンターでの大里郡市交渉を皮切りにスタートした。埼玉県連からは40人が参加して「推進法」の周知徹底をはじめ、実態調査(意識調査)の実施、インターネット差別書き込み対策や条例制定など10項目45点の要望書を提出。交渉ではインターネット差別書き込み対策としてのモニタリング事業と、教員の人権意識調査の実施を巡って議論をかわした。

 行政側は、熊谷市(富岡清・市長)、寄居町(島村克己・副町長)の関係部課長などが出席した。教員の人権意識調査について熊谷市の野原晃・教育長が「提示されているアンケート(案)を参考に、熊谷市と寄居町の教育委員会、県連の3者で内容や時期、方法を協議し、実施したい」と見解を示した。

 モニタリング事業について行政側は「現在、検索サイトや削除要請の方法についての要綱の作成作業にはいる段階で、来年度から週1回1時間、隔週で実施を予定している」と回答した。県連は年度内の実施を強く求め、話し合いの結果、年内に要綱を作成し、来年1月から試行にふみきり、4月から完全実施することを確認した。

 

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)