pagetop
部落問題資料室
コラム
今週の1冊 第2297号/06.12.04

少年事件に取り組む
―家裁調査官の現場から―

藤原正範 著  岩波新書(定価700円)

書籍画像 少年による凶悪犯罪が発覚するたびに、少年法が「加害少年ばかりを守っている」といわれる。しかし本当にそうなのか。本書は、著者が家裁調査官だった経験をもとに、少年事件の背景や、どのような処遇を選んだのかを紹介している。
 少年法は2000年に厳罰化されたが、事件のたびに懐疑の声があがる構造は、改正前と少しも変わらない。厳罰化して変わらないものを、なぜまた厳罰化するのか。少年事件の派手な報道に、私たちは惑わされているのではないか。
 いま大人がすべきことは、安易な厳罰化ではない。子どもと社会の未来を考えるために、少年福祉の充実に向けた議論をすることである。それは国会の場だけでされるべきでない。主権者である私たちが、少年をどう受け入れるのか。その議論こそ必要なことなのだ。
 たんなる厳罰化がどんな社会を招くのか。少年法はだれのためのものなのか。少年法への誤解を解き、教育や児童福祉、社会のあるべき姿を考えるために、読んでいてもらいたい一冊。 (亀)

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)