pagetop
   

 

 

三重全研成功へ要請
10月6~8日 県営サンアリーナで

「解放新聞」(2004.10.04-2188)

 

 第38回三重全研の成功に向けて、9月13日、組坂委員長(全研中央実行委員長)が、関係行政に協力要請に訪れた。
 組坂委員長は、全体集会や分科会の会場が設営される伊勢市・鳥羽市と二見町を訪問、加藤光徳・伊勢市長、井村均・鳥羽市長、辻三千宣・二見町長に、地元実行委員会(常磐井鸞猷・実行委員長=真宗高田派法主や三重県連を中心にして、全研成功へのとりくみがすすめられていることを報告、協力要請と合わせて、部落問邁解決と人権政策確立に向けた人権行政のとりくみ推進も要請した。
 三重県庁では、丸山浩司・副知事に県と市町村が一体となって集会への協力をすすめていることに感謝し、あらためて全研の概要を説明。丸山副知事も人権問題の解決は県行政の重要な課題として全面的な協力を約束した。
 第38回三重全研は、10月6日から8日まで県営サンアリーナを主会場にひらかれ、野呂昭彦・県知事、加藤伊勢市長が来ひんあいさつの予定。
 協力要請には、三重県連から小森攻・副委員長、堀忍・書記長、松岡克己・書記次長が同行した。


 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)