pagetop
部落問題資料室
NEWS & 主張
大阪全女成功へ意志一致
女性への人権侵害も学習
全女活
「解放新聞」(2005.12.19-2249)

 第62期第1回全国女性活動者会議を12月2、3日、大阪人権センターを主会場にひらき23府県連から69人が参加した女性問題研究者の源淳子さんが「女性に対する人権侵害」をテーマに学習講演し、女性連動が潮流となった90年代後半、女性の身体にたいする自尊感情の高まりがジェンダーフリーの意識とともに伸長したこと、これまで日本の経済発展の装置として女性が低位におかれてきたことなど、セクシャルマイノリティの人権侵害も照らし、学習を深めた。
 岸田章子・女性対策部長の開会あいさつのあと、山崎鈴子・女対部員が前回の全女でとりくんだアンケートの分析過程と着眼点を報告した。アンケートは第51回大阪全女で分析結果を共有する。
 来年3月18、19日にひらく大阪全女成功に向け、意志一致し、「女性が土俵に上がることは禁止」とされ、太田房江・大阪府知事が反対の意を表してきたことにあわせ、日本相撲協会に全女の総意で申し入れをおこなうことも確認した。


 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)