pagetop

NEWS & 主張

民族差別を許さず包囲〜ヘイト法を無視する京都府警
京都

「解放新聞」(2019.04.15-2903)

 【京都支局】 3月9日、京都市内でヘイトデモが強行された。京都府警は護衛して好き放題にヘイトスピーチをやらせ、あげくのはてには機動隊の輸送バスで送り届けるというサービスまでおこなった。

 「ヘイトスピーチ解消法」が施行されて3年近くたった。京都では予告のあったヘイトデモには、その数倍の数のカウンター(抗議をおこなう人)が集まり包囲するため、ゲリラ的に強行されたヘイトデモも2年前が最後だった。

 ところが今回は、京都朝鮮第一初級学校襲撃事件の「10周年記念」と称し、「デモを複数回行う」として、その第一弾を3月9日に強行した。

 参加者は、たった4人。街宣車に3人乗り、歩いたのは襲撃事件に加わり執行猶予付き懲役刑を受け、水平社博物館前差別発言事件もひきおこした人物1人だけ。それを200人の機動隊が守り、100人をこすカウンターが抗議した。

 出発地の円山公園には、デモを阻止しようとカウンターが詰めかけ、関西初のシットイン(路上に寝転んでの抗議)もおこなわれたが、機動隊に強制排除され、歩道柵にたたきつけられた。

 手をつないだ機動隊の人垣のなかで「朝鮮人は半島に帰れ」などとハンドマイクで叫び、法務省が例示するヘイトスピーチそのものだが、警察は勧告さえしない。官許のヘイトデモそのものだった。京都市役所前に着くと機動隊の輸送車に乗せ、送り届けることまでしている。いたれりつくせりである。

 「ヘイトスピーチ解消法」を無視する京都府警の対応は、3月12日の参議院法務委員会で追及がおこなわれた。

京都府警が護衛して4人がヘイトデモ。講義する市民が包囲した(3月9日・京都市)

京都府警が護衛して4人がヘイトデモ。講義する市民が包囲した(3月9日・京都市)

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37 TEL 06-6581-8516/FAX 06-6581-8517
定価:1部 8頁 90円/年ぎめ1部 4320円(送料別)
送料:年 1968円(1部購読の場合。それ以外はお問い合わせください。)