pagetop

NEWS & 主張

組織内の課題中心に〜男女平等社会の実現に向け会議
広島

「解放新聞」(2019.05.20-2907)

 【広島支局】 県連男女平等社会推進本部は4月13日、尾道市人権文化センターで第7回推進本部会議をひらき、8人が参加した。

 今後のとりくみとして①家事分担実態調査をもとにした学習会の実施状況をまとめ報告する②組織内の男女平等を視点にした課題を総点検し、改善に向けてとりくむ。解放学校などでとりくみの内容を交流学習する③男女平等推進を県連執行委員会の議題に入れ、協議を積み重ねる④解放新聞県版「主張」で男女平等推進について掲載し、継続して情宣をおこなう⑤第2回家事分担実態調査を2022年に実施し、第1回と比較検討し、課題を明らかにしてとりくみを推進する、などを決定した。

 また、男女平等社会の実現に向けて、まずは組織内の課題を中心にとりくみをすすめ、各自の意識変革と民主的な組織運営をめざすことを確認した。

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37 TEL 06-6581-8516/FAX 06-6581-8517
定価:1部 8頁 90円/年ぎめ1部 4320円(送料別)
送料:年 1968円(1部購読の場合。それ以外はお問い合わせください。)