pagetop

NEWS & 主張

新しい裁判長に〜ひき続き弁論準備へ
「全国部落調査」復刻版裁判

「解放新聞」(2019.05.27-2908)

  「全国部落調査」復刻版出版事件裁判の第6回弁論準備(非公開)が5月13日、東京地裁でおこなわれた。4月の人事異動で、新たに中村心・裁判長が担当となり、初めて顔をあわせた。裁判長は、弁護団に、これまでの主張を整理するように要請。弁護団は、被告らの行為による原告の名誉権・プライバシー権・差別されない権利等の人格権侵害について、あらためて主張を整理し、書面を提出することになった。

 一方、被告の鳥取ループ・示現舎は、部落解放同盟らは部落について研究し、地名をふくめて公表する行為をくり返してきた、自分たちが部落について研究できないのは差別、など、荒唐無稽な主張を展開。いくつかの地区名をあげ、「有名な部落」は公知で知れ渡っている、いまさら部落といって何が悪い、など、議論をすり替え、挑発的な主張をくり返した。

 次回の弁論準備は7月10日。証人尋問開始は、8月以降になる予定だ。

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37 TEL 06-6581-8516/FAX 06-6581-8517
定価:1部 8頁 90円/年ぎめ1部 4320円(送料別)
送料:年 1968円(1部購読の場合。それ以外はお問い合わせください。)