pagetop

NEWS & 主張

連合が現地学習〜石川さん無実を確信
埼玉

「解放新聞」(2019.07.08-2914)

 【埼玉支局】 日本労働組合総連合会(連合)と部落解放中央共闘会議(中央共闘)の共催による狭山事件の現地調査・学習会が5月29日、埼玉県狭山市でおこなわれ、49人が参加した。

 富士見集会所でひらかれた前段の学習会では、山本和代・連合副事務局長、高橋中執、則松佳子・中央共闘事務局長があいさつ。とくに則松事務局長は「狭山で起きたことは、いまも全国各地で起こりうること。狭山事件の矛盾点を検証し、現地調査にしっかり臨もう」と訴えた。

 埼玉県連の小野寺一規・書記長が「狭山事件と裁判の概要・現段階」と題して講演。このあと、参加者は2グループにわかれ、「自白」コースを歩いて狭山事件を検証した。石川一雄さんと早智子さんもあいさつし、支援を訴えた。

 高木陽介さん(東京清掃労組)は「フィールドワークで石川さんが無実であることを改めて確信した。地域や職場で狭山支援の輪を広げ、さらなる連帯・共闘をすすめていきたい」と感想をのべた。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37 TEL 06-6581-8516/FAX 06-6581-8517
定価:1部 8頁 90円/年ぎめ1部 4320円(送料別)
送料:年 1968円(1部購読の場合。それ以外はお問い合わせください。)