pagetop

NEWS & 主張

改憲阻止めざしデモに参加
京都

「解放新聞」(2019.12.23-2936)

戦争法廃止などを訴えてデモ行進をした(11月19日・京都市)

戦争法廃止などを訴えてデモ行進をした(11月19日・京都市)

 【京都支局】 「戦争法・共謀罪廃止!辺野古の海を埋め立てるな!安倍9条改憲反対!11・19京都デモ」が11月19日、京都市内でおこなわれ、380人が結集。主催は戦争をさせない京都1000人委員会。

 京都市役所前には、労働組合、市民運動にとりくむ人などが結集。部落解放同盟も京都市協を中心に参加した。

 主催者を代表して西島藤彦・運営委員(府連委員長)は「安倍政権は自衛隊への信頼は9割以上だとし、違憲批判の解消と称して改憲しようとしているが、信頼は災害への支援であって武装集団にたいするものではない。安倍改憲阻止へ市民の輪を」と訴えた。

 各団体が決意を表明。高校無償化から除外され幼保無償化でも排除されたため除外撤廃を求めるとりくみをしている朝鮮学校と民族教育の発展をめざす会・京滋などが訴えた。

 デモでは、河原町通りを南下しながら、「戦争法」廃止や、桜を見る会を許さない、などを沿道の市民や観光客によびかけた。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37 TEL 06-6581-8516/FAX 06-6581-8517
定価:1部 8頁 90円/年ぎめ1部 4320円(送料別)
送料:年 1968円(1部購読の場合。それ以外はお問い合わせください。)