pagetop

NEWS & 主張

県連大和支部が元からゆきさん女性を偲ぶ 〜県連の帰国運動で
広島

「解放新聞」(2020.05.15-2953)

  【広島支局】三原市協大和支部は2月9日、大和町・明円寺で善道キクヨさんを偲んで法要を営んだ。第52回定期大会の前にとりくんだもの。

 善道さんは、8人きょうだいの末っ子として生まれ、苦しい生活のなかで10歳のときに姉の働いていた岡山へ働きに行き、17歳でだまされてマレーシアへ連れて行かれ、からゆきさんとしての生活を余儀なくされた。映画監督の今村昌平さんとの出会いが帰国するきっかけとなり、広島県連が帰国運動を推進し、1973年5月に帰国が実現した。当時の解放新聞(622号、73年6月18日付け)は「キクヨおばあさん56年ぶりの帰国」のタイトルで記事を載せている。善道さんは3年後に77歳で亡くなり、生涯もっていた三つ折りの本尊と正信偈は明円寺におさめられている。

 なお、善道さんに関する資料は、三原市大和人権文化センターに展示してある。

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37 TEL 06-6581-8516/FAX 06-6581-8517
定 価:1部 8頁 115円/特別号(年1回 12頁 210円)
年ぎめ:1部(年3回発行)4320円(含特別号/送料別)
送 料: 年 1554円(1部購読の場合)