pagetop

NEWS & 主張

高校で人権研修を 〜県教委に強く求める
神奈川

「解放新聞」(2020.09.15-2965)

 【神奈川支局】 県連は7月15日、横浜市・県庁舎で神奈川県や県教委と部落解放行政推進に向けた話し合いをおこなった。

 県からは水谷俊輔・福祉子どもみらい局共生担当部長をはじめ5人が出席し、県連からは根本信一・県連委員長はじめ3役が出席した。

 部落差別の現状について具体的な事例をもとに提起するとともに、これまでの話し合いの経過を再確認し、「部落差別解消推進法」にもとづき県の施策の具体化を求めた。

 県教委との話し合いでは、松西孝子・行政課長をはじめ3人が出席した。新採用教員のアンケートで、他の人権課題に比べて同和問題にたいする関心が低いことや、就職のさいの企業の不適正事案が毎年おきている問題について「法制定の意義をふまえて、同和教育のとりくみを強化する」と県教委がのべた。

 県連からは、高校での人権研修のあり方について、法にもとづき部落差別の実態について当事者の思いをしっかり受け止める場として実施するよう、強く求めた。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37 TEL 06-6581-8516/FAX 06-6581-8517
定 価:1部 8頁 115円/特別号(年1回 12頁 210円)
年ぎめ:1部(月3回発行)4320円(含特別号/送料別)
送 料: 年 1554円(1部購読の場合)