pagetop
部落問題資料室
コラム
荊冠旗 第2272号/06.06.12
 「口に出して言ったら嘘になる。また他人を批判するときの道具になるし、凶器になりやすい。だから、胸の中に秘めておくか、どうしても言う必要がある時は、小声でそっと言ったらいい」
▼「愛国心」をめぐる争奪戦がさかんだ。とりわけ「教育基本法」改悪案を契機に盛り上がっている。こんな状況をみながら書かれた『愛国者は信用できるか』(講談社現代新書の最後の結論部分がこれ
▼筆者は鈴木邦男・一水会顧問。一水会は新右翼の団体。鈴木は愛国運動を40年間やってきた、「君が代」は5000回以上歌った、靖国神社にも500回以上参拝、「教育勅語」も暗唱したという「愛国者コンテスト」があれば優勝できる、という新右翼の強者
▼この本でおもしろいのは、パレスチナや朝鮮民主主義人民共和国へいった新左翼が「日の丸」にあこがれる愛国者になり、右翼の方が一国平和主義はだめだ国際貢献をといいだしている、という指摘。たしかに、表面的には逆転現象が起きているようにみえる
▼もっともナショナルな原基を理解できたとき、インターナショナルなものがわかる、とある人がいっていた。たしかにそうだ
▼「愛国心」とは郷土愛から、国民国家が作られたとき、それへの帰属・献身意識から生まれたものだ、と鈴木も指摘する。たしかに鈴木のいうように、愛国心とは一体感なのだ
▼だがその本質は国家とともに共同幻想なのだ。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)