pagetop
   

 

 

民主党雅進委が新体制
川端委員長、掘込事務局長軸に

「解放新聞」(2004.03.01-2159)

 

 民主党が部落解放推進委員会の全体会議を2月19日夕、衆議院第2議員会館第4会議室でおこない、川端達夫・委員長、掘込征雄・事務局長の新たな役員体制を決定。当面の活動予定として、①とりくみ課題②党内勉強会③部落解放同盟をはじめとする人権諸団体との連携などを確認した。
 とりくみ課題では、①国内独立人権機関の設置に向けた法制定②「人権教育・啓発推進法」の見直し③証拠開示に向けた刑事訴訟法改正④人権諸条約や国内法整備をあげた。
 組坂委員長、松岡書記長、岸田副委員長、青田財務委員長、谷元書記次長が出席。組坂委員長が、歴史の批判、国際的な批判に耐えられる「人権侵害救済法」を実現するためにも、超党派の人権政策勉強会のたちあげをと要請、公正な証拠開示のルール化実現へのとりくみも求めた。
 出席者は、国会議員33人と代理31人。
役員体制(敬称略)
 顧問 中野寛成▽中井洽
 委員長 川端達夫
 副委員長 松本龍▽仙谷由人▽江田五月▽原口一博▽高木義明▽山田正彦▽北橋健治
 事務局長 掘込征雄
 事務局長代理 山内功
 事務局次長 福山哲郎▽中川治▽大江康弘


 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)