コラム
今週の1冊 第2715号/15.05.18

『#鶴橋安寧ーアンチ・ヘイト・クロニクル』

李信恵(リシネ)著 影書房 (定価1700円)

書籍画像

 

 

  最近の本屋さん。気分が悪くなる店がある。いわゆる嫌韓本とよばれる類いの本を平積みにしている店だ。手にとっている客など見かけないが、なぜか幅をきかせている。その中身といえば韓国と韓国人にたいする悪口のオンパレード。「ヘイトスピーチと変わりないんじゃ…。いや、それ以上」と読んだ感想をもらす人もいるほどのおぞましさ。
  1980年代の国際化の波にあわせ、多民族共生の社会を求めるとりくみがおこなわれてきたが、どこかうわすべりしていたのかもしれない。いま一度、在日コリアンの声に耳を傾け、歴史に学んでヘイトスピーチに向きあう必要があるだろう。
  そのための一冊として、おすすめなのが『#鶴橋安寧』。著者の李さんはヘイトスピーチの被害者だ。名指しで「殺せ」とコールされた体験をもつ。「日々、刻まれていれば、完全に治癒することも望めない。薄いかさぶたのように、ちょっとした刺激でまた血が噴き出す」ような思いをしているが、泣き寝入りすることなく、現在の在持会顧問を相手取った裁判など2件の民事訴訟をおこして闘っている。けっして闘士ではない女性ジャーナリストの思いがつまっており、差別の本質に迫ろうとする姿勢に学ぶところが大きい。(土)

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1−37  пi06)6581−8516 fax (06)6581−8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)