pagetop
NEWS & 主張

平和守り雇用を立て直そう
第86回メーデーで

「解放新聞」(2015.05.18-2715)

 労働者を使い捨てにする企業が広がり、格差がいっそう拡大する現在。第86回メーデー中央大会が4月29日、東京・代々木公園でひらかれ、4万人が参加した。労働者保護ルール改悪阻止・「全世代支援型」社会保障制度確立に向けた全国統一行動、あらゆる職場での労働組合づくりなどを盛り込み、「平和を守り、雇用を立て直す みんなの安心のため、さらなる一歩を踏み出そう!」などとよびかける「メーデー宣言を採択した。
  部落解放同盟も参加し、狭山再審を求めるパネル展示などを実施。狭山再審の実現を訴え、ビラ配布や署名活動をおこなった。
  主催は、第86回メーデー中央実行委員会(実行委員長=古賀伸明・連合会長)。
  中央式典では、古賀委員長のあいさつに続き、塩崎恭久・厚労大臣らが来賓あいさつ。NGO・NPO連帯あいさつや非正規労働者、東日本大震災被災地からのアピールもおこなった。
  そのほか、野外音楽望などでは、歌などのステージイベントもひらかれた。公園内のブースコーナーでは、部落解放同盟のほかにも、労働組合、NPO・NGO、政党など80近い団体が出店や展示、イベントなどで大いににぎわった。


 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)