NEWS & 主張
識字と自分を語る
和歌山で「よみかき交流会」ひらく
「解放新聞」(2016.04.18-2759)
 【和歌山支局】2015年度よみかき交流会を1月23、24日、白浜町内でひらき、識字学習者、指導者など110人が参加した。
  体験発表では畑口真佑美さん(田辺識字学級)が「私と識字学級」を発表し、識字学級生の祖母のことや、自身の子とも通うようになったことを報告。田辺識字学級の庄司晴世さんが「楽しみながら「識字」を」と題し、学級の歩みと大事にしていることや地図を使った学習実践を紹介。このよみかき交流会でみなさんに会い、自分の学習成果を展示できるのがうれしい、と語った。また善明寺支部識字学級は「「敗戦70年」をむかえ、戦争と私たち」をテーマに作成した紙芝居を発表。「安保関連法」強行採決と、命の尊さや家族の大切さ、みんなが安心して生活できることを考えなければ、と訴えた。発表を終え、それぞれの学習成果を見学したあと分散会をもち「識字の楽しさとこれから」について話しあった。
  2日目は分散会報告のあと御所市人権教育推進協議会の長田仲敦三・会長が「識字とわたし〜奈良県における識字運動〜」をテーマに講演。識字は書いたり読んだりよりも話をすることが大事と語り、識字への思いを語った。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1−37  пi06)6581−8516 fax (06)6581−8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)