NEWS & 主張
選挙権を学ぶ
兵庫県青年部が
「解放新聞」(2016.07.18-2771)
 【兵庫】県連青年部は一週間後に参議院選挙投開票をひかえた7月3日午後、神戸市内で青年部学習会「選挙権の持つ意味について」をひらき、青年や高校生など15人が参加した。講師は伊丹支部の西村政明・伊丹市議会議員。政治に関心をもてなかった青年時代から議員として活動する今日までの歩みを聞いたほか、今選挙からはじまる選挙権18歳引き下げについても、ともに考えた。
  西村さんは伊丹市の世代別投票率を示しながら、投票率の世代間格差が逆手にとられ「若者軽視」の政治がすすめられているのでは、と問題提起。また、選挙のやり方についての活発な議論をふくめ、選挙だけではなく、パブリックコメントや要請行動などの政治参加を紹介した。
  学習後、青年からは「選挙にいってどうなるの、と政治にたいしてなかば諦めをこぼす仲間もいる」という切実な悩みや、候補者の話を聞く機会を多くもちたい、などの意見があがった。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1−37  пi06)6581−8516 fax (06)6581−8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)