pagetop
NEWS & 主張
差別落書を許さない
戸別ビラを仲間と配布
「解放新聞」(2016.09.19-2779)

 【東京支局】葛飾支部は7月31日、15年にわたり115か所も発生している差別落書事件にたいし、犯人の特定に向けての情報提供と差別を見逃さない地域づくりをよびかける3回目の戸別ビラ配布行動を、葛飾区を中心におこなった。支部員をはじめ、部落差別撤廃に共鳴する仲間たち(葛飾区職労、清掃労組葛飾支部、東部労組など)も参加。5000軒に配布することができた。
  今回は、今年4月以降、差別落書が多発している地域を重点にとりくんだ。ビラ配布後、同和対策仮奥戸集会所で昼食をとりながら参加者相互の交流をもった。
  参加した支部の若者は「地域には部落に関係している人が出身を隠さざるを得ない暮らしを送っていることを支部や親たちから教えられた。そのような人たちがこの差別落書を目の当たりにしたらどう思うか。そんなことを考えながらビラを配った。絶対に許せない行為だと思う」と語った。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1-37  ℡(06)6581-8516 fax (06)6581-8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)