NEWS & 主張
府連など大阪府に抗議
機動隊員の沖縄差別発言で
「解放新聞」(2016.11.14-2786)
 【大阪支局】米軍ヘリパッド建設工事が強行されている沖縄県高江で建設反対行動をおこなっている県民らにたいし、大阪府警機動隊員2人が「土人」「シナ人」と差別発言など暴言(10月18日)をおこなった。また、この一連の発言に大阪府の松井一郎・知事がツイッター(19日)で、その発言を擁護する言語道断の発言をおこなった。
  部落解放共闘と大阪府連は連名で10月21日、抗議・申し入れをおこなった。解放共闘から後藤なつき・副議長、山根健二・事務局次長、府連からは村井康利・書記長、表西貴文・執行委員が参加。大阪府からは人権局の野本康憲・局長らが出席した。
  後藤副議長が野本局長に抗議・申し入れ書を手渡した。村井書記長から、重大な差別発言であり、松井知事の発言も沖縄県民への配慮に欠ける発言であるとして撤回を求め、警察官の人権教育・研修の徹底を強く求めた。
  野本局長は「発言はひじょうに不適切で当然認められるような発言ではなく、沖縄県民の方方を傷つけてしまったことは誠に遺憾。(警察の同席を求めたが欠席したことについて)本来ならば警察も同席すべきだが、都合が悪く、警察に伝えてしかるべき対応をさせていただきたい」とのべた。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1−37  пi06)6581−8516 fax (06)6581−8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)