NEWS & 主張
第28回豊肥地区解放文化祭
12団体が出演
「解放新聞」(2016.12.26-2792)
 【大分支局】第28回豊肥地区解放文化祭が12月3日、豊後大野市・エイトピアおおの大ホールでひらかれた。主催は豊後大野市が中心となった実行委員会(久保田正治・委員長=豊後大野市教育長)。
  参加団体は、地域の解放子ども会、解放父母会、小・中学生、教職員、自主サークルと幅広く、今年は12団体が出演した。また、来賓として橋本祐輔・豊後大野市長、阿部浩康・大分県教育庁竹田教育事務所長が参加した。
  舞台では、群読、弁論、劇、合唱、楽器演奏などさまざまな発表がおこなわれた。百枝小学校6年生は群読「命をいただく」で、と場で働く人の葛藤・誇りを紹介した。大野中学校人権を学ぶ子ども会は「水平社創立と水平社宣言」で西光万吉らの差別に抗う生きざまと「人間の尊厳」について発表した。

 

「解放新聞」購読の申し込み先
解放新聞社 大阪市港区波除4丁目1−37  пi06)6581−8516 fax (06)6581−8517
定価 1部 8頁90円 年ぎめ1部4320円(送料別)
送料 年1968円(1部購読の場合、それ以外はお問い合わせください。)