pagetop

go to english site

シンボルマーク

部落解放同盟中央本部

2017年12月8日 更新

Topics

「男女平等社会実現基本方針」

袴田事件即時抗告棄却を求める全国署名

署名用紙はこちらからダウンロードできます。update

狭山事件の第3次再審の実現と冤罪に苦しむ多くの人々の救済のために弁護側への証拠開示を保障する法律の制定を求めましょう

署名用紙はこちらからダウンロードできます。

「人権侵害救済法」署名活動にご協力を

署名用紙はこちらからダウンロードできます。

署名用紙は、個人用と団体代表用の2種類です。 部落解放・人権政策確立要求中央実行委員会(会長=中西啓寶・高野山真言宗管長)は、「人権侵害救済法」の早期制定にむけて 全国署名活動に取り組んでいます。あらゆる差別の撤廃と人権政策の確立にむけて、全国各地で署名活動へのご協力をお願いいたします。署名用紙は、部落解放同盟中央本部、部落解放同盟各都府県連合会にもあります。ご協力いただいた署名は、各都府県連または中央本部にお送り下さい。

「部落解放運動への提言」

一連の不祥事の分析と部落解放運動の再生へむけて

三者協議が始まっています!狭山事件の事実調べ・再審開始を求める署名をさらに広げよう!

署名用紙はこちらからダウンロードしてください。

2015年6月、狭山事件の再審請求を審理する東京高裁第4刑事部の裁判長が植村稔(ウエムラミノル)裁判長に交代しました。署名用紙の宛名を変更しています。

これまで、全国から寄せられた署名は105万筆を超え、東京高裁に提出されています。
2009年9月から裁判所、検察官、弁護団による三者協議が始まり、2010年5月には36点の証拠開示がおこなわれました。徹底した証拠開示と事実調べを実現するために、各地で署名運動をさらに広げて下さい。署名用紙は部落解放同盟中央本部部落解放同盟各都府県連にもあります。 集まった署名は各都府県連または中央本部までお送り下さい。

アクセシビリティポリシー